拳四朗・父との身長差は?彼女についても調べてみた

プロボクサーの拳四朗さん。2017年にWBC世界ライトフライ級王者となり注目されています!!実は父も元プロボクサーなんですよ。そんな親子2代でプロボクサーの拳四朗さんは父との身長差がすごいと噂になっているんです。

そして、かわいいと人気を集めている拳四朗さんに彼女がいるのかも気になりますよね。今回は、プロボクサーの拳四朗さんについて父との身長差や彼女はいるのか等の気になる噂を調査してみました!

 

拳四朗父との身長差は?

拳四朗さんは164㎝と小柄なのですが、父との身長差があると噂になっているので調べてみたいと思います。父の寺地永(てらじひさし)さんは元プロボクサーで、現在は拳四朗さんが所属するB.M.Bボクシングジムの会長です。

父の永さんは大学時代にボクシング部に所属し、卒業後に一度就職をしましたが、ボクシングを諦められずプロボクサーになったようです。「日本ミドル級王者」「OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者」のタイトルを獲得し、活躍をしていたようですよ。

そんな父の永さんは身長が189cmもあります。拳四朗さんは164㎝なので、その差25cm!!また、階級も拳四朗さんはライトフライ級ですし、永さんはミドル級、ライトヘビー級という差があります!お二人の写真を見ていただいたら、この身長差がわかると思います。

引用:https://i2.wp.com/saisin-news.com/wp-content/uploads/2017/12/kenshirou1.jpg?ssl=1

拳四朗はかわいい?

拳四朗さんは、小柄な身長ですし、一見すると高校生かと間違えるほどのベビーフェイスでもあります。ですので、ファンの間でもかわいいと人気があるんですね。ボクサーと言えば、イカツイ感じや鋭い目つきなどちょっと強面な印象の方が多いイメージですが、拳四朗さんは目元も優しく、笑うと特にかわいいですよね。強いんだけど、かわいいというギャップが年上女性の心をつかんでいるのではないかと思われます!!

引用:https://twitter.com/KenshiroooooKen/status/834043128025747456/photo/1

拳四朗関西大学まで進学できた理由

拳四朗さんは関西大学を卒業しています。2010年に新設された人間健康学部の一期生だったようです。そもそもボクシングを始めたのが、中学3年生の時にこのままでは進学は無理と言われてしまったことがきっけのようです。そこで、父の永さんが学業がだめならスポーツだ!ということでボクシングを始めることになったそうです。ボクシングを始めたことで、有名大学である関西大学に進学することができた拳四朗さん。父から受け継ついだ才能とご自身の努力が、一度は諦めていた大学進学という道まで作り出したんですね!

引用:http://kanmae.com/2017/08/24/

拳四朗彼女と熱愛?

多くの女性からかわいいと注目されている拳四朗さんに彼女はいるのでしょうか?拳四朗さんのインスタグラム、フェイスブック、ツィッターなどをチェックし、ネットでの情報を調べてみましたが、残念ながら彼女についての情報はありませんでした。

実は、世界王者になるまでは恋愛禁止だったそうです。2017年に世界王者になったため。恋愛解禁となっているはず!そろそろ熱愛報道もでるかもしれませんね。今後の拳四朗さんの熱愛情報にも注目したいところです。

引用:http://shabonyu.com/

拳四朗のラウンドガールがかわいい!

拳四朗さんは、2017年5月20日WBC世界ライトフライ級王座のタイトルマッチで王者のガニガン・ロペスに勝利し、見事世界チャンピオンになりました!その試合でもう一つ話題となったのが、ラウンドガールがかわいいという事です!テレビでも放送された試合ですので注目度も高かったですよね。

引用:https://pbs.twimg.com/

そのかわいいラウンドガールは一体誰なのか?気になったので調べてみました!ラウンドガールは、神部美咲(じんぶみさき)さんというタレントさんのようです。写真を見ると確かにかわいい!!神部美咲さんは、プラチアムプロダクション所属で現在モデルや女優として活動しています。神戸コレクションにも出場をしていたり、最近ではドラマ「東京タラレバ娘」出演にも出演しています。その他にもCMやバラエティ番組にも出演し、活躍中なんですよ。

引用:https://i1.wp.com/saisin-news.com/wp-content/uploads/2017/12/jinbe.jpg?ssl=1

 

拳四朗戦績は?

拳四朗さんは中学3年生のときにボクシングを始めました。当時は父から強制的にやらされていたそうですよ。その後、高校に進学してからはメキメキと上達し、熱心にボクシングに取り組んでいたそうです。高校時代は、インターハイや国体にも出場を果たしています。

高校卒業後は、関西大学のボクシング部に所属し、アマチュアの大会に出場していました。2013年第68回国民体育大会の「成年男子ライトフライ級」で見事優勝しています。大学卒業後にプロ入りを決意し、父の永さんが運営する「B.M.Bボクシングジム」に所属しました。プロテストを受けB級ライセンスを取得しています。父の永さんも元プロボクサーであったため、良いトレーニングができ、父と子の2人3脚の成果が今の拳四朗さんの活躍に繋がっているのではないでしょうか。

プロデビュー戦、リ・アモル選手(インドネシア)と対戦し、結果は判定勝ちでした。その後は「WBCユースライトフライ級王座」「第39代日本ライトフライ級王座」「第35代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座」「WBC世界ライトフライ級王座」などのタイトルを獲得し、防衛もしています。拳四朗さんは、現在プロ12戦12勝で無負です!そのかわいらしい顔からは想像もできない程で、強すぎです!!

今年の5月25日には「WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」が大田区総合体育館で行われる予定です。この試合は、当初4月15日に横浜アリーナで行う予定だった試合が変更となったようです。王者拳四朗と挑戦者ガニガン・ロペス(メキシコ)との試合です。この試合でも拳四朗さんの強さが見られるのではないでしょうか?この防衛戦に注目したいですね。

【戦績】

・アマチュア:74戦58勝(20KO)16敗

・プロ:12戦12勝(6KO)

【獲得タイトル】

・WBCユースライトフライ級王座(防衛0)

・第39代日本ライトフライ級王座(防衛2)

・第35代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座(防衛1)

・WBC世界ライトフライ級王座(防衛2)

引用:https://www.jiji.com/

拳四朗プロフィール

引用:https://daily.c.yimg.jp

【本名】     寺地 拳四朗(てらじ けんしろう)

【リングネーム】 拳四朗

【生年月日】   1992年1月6日

【出身地】    京都府城陽市

【出身校】    奈良県立奈良朱雀高等学校、関西大学

【身長】     164cm

【階級】     ライトフライ級

【所属事務所】  B.M.Bボクシングジム

名前の「拳四朗」は、あのボクシング漫画の「北斗の拳」の主人公であるケンシロウから取ったそうですよ。ですが、実際には拳四朗さん本人は、北斗の拳を1度も読んだことがないそうです。余談ですが、リングネームというのは名前だけでは認められていないために、申請は「拳 四朗」と区切って提出したようですよ。

拳四朗・父との身長差は?彼女についても調べてみたまとめ

いかがでしたか?今月防衛戦を控え、12戦無敗と活躍中のプロボクサー拳四朗さんについて気になる噂を調べてみました!拳四朗さんの父も元プロボークサーであり、親子2人3脚でボクシングに取り組んできたことがわかりました!そんな父と拳四朗さんの身長差はなんと25㎝!!比べてみても拳四朗さんって小柄でかわいいですよね。そんなかわいい拳四朗さんには彼女らしき噂はありませんでした。今はボクシングに励んでいるのでしょうか?かわいいルックスとはギャップのある強さが魅力の拳四朗さん!今後のさらなる活躍に期待したいと思います。

引用:http://iropel0103.com/kakutogi/kenshiro/