松坂大輔子供と話せないは本当?子供時代の過去も調査

このところ、すっかり復活された様子の松坂大輔選手。

今日は、松坂大輔選手が「子供と話せない」という噂の真相について、そして彼の子供時代について調査します。

松坂選手は本当に子供と話せないのでしょうか? 彼自身の子供時代はどんな様子だったのでしょうか? 

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

松坂大輔ってどんな人?

松坂大輔さんは2018年から中日ドラゴンズで活躍するプロ野球選手です。

今まで松坂選手が所属していたチームは

  • 西武ライオンズ
  • ボストン・レッドソックス
  • ニューヨーク・メッツ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 中日ドラゴンズ

です。

出身は横浜高校には、素晴らしいピッチングが話題となり「平成の怪物」と呼ばれました。

1998年の甲子園で春夏の大会を連覇し、大注目を浴びた高校時代でした。

高校卒業後に西武ライオンズに入団し、活躍をしてきました。

2006年には、メジャーリーグのボストン・レッドソックスとの契約を結び大きな話題になりました。その内容は総額5200万ドルの6年契約。

2009年のW杯では、日本代表として大会に参加し、その活躍が認められ『最優秀選手』に選ばれました。

しかしその後、怪我で調子を落とし、手術を受け、本人はアメリカでの活動を引き続き希望していたものの、2014年に日本での野球界復帰が決まったのです。

ソフトバンクへの入団が決まり、3年で12億という大型契約をしました。

しかし思うように活躍ができなかったので、ファンも残念に思い、「松坂は終わった」と言われることがありました。

そんな時期を経て、現在また、中日ドラゴンズでの活躍に注目が集まっています。

プライベートでは奥さんと子供3人の大家族です。

 

松坂大輔が子供と話せないってどういうこと?

そんな松坂大輔選手ですが、ネットに『子供と話せない』という噂が出ています。これだけでは、なぜ話せないのか、よく分からないですよね。一瞬、家族関係に問題があるのでは? と思ってしまいますが、実際はどうなのでしょうか。

調べてみると、これは言葉の問題のようです。

松坂選手がご自身のお子さんと会話ができないのは、お子さんが皆さん英語を使うためだということです。

2007年に松坂選手がメジャーリーグに移籍した際、家族も一緒にボストンに移住しました。

第1子の長女は当時2歳にもなっておらず、第2子、第3子はまだ生まれていませんでした。

物心ついた時からアメリカにいて、現地で教育を受けてきた訳なので、日常会話は当然英語です。

しかし、松坂選手はまったく英語を話すことができないということ。

はっきり本人が『英語は大の苦手』と認めていらっしゃるほどで、野球のインタビューなどでも必ず通訳の方をつけています。

ちなみに奥さんについては、後ほど詳しく触れますが、慶應大学のエリートで留学経験もありますので、英語には困っていないらしく、そうなると、家庭での会話言語が英語になってしまうというのも頷けます。

しかし、それではやはり問題だということで、お子さんたちは週に一度日本語学校に通い、日本語を勉強しているということです。

きっと野球選手がこれから英語を勉強するより、これから将来のある子供達が日本語を習得する方が今後のためでもあり、より効率的な方法と言えるのでしょうね。

お子さんとの会話に苦労する松坂さんについ同情してしまいます。

松坂大輔が嫁と離婚危機?

松坂選手には、奥さんとの離婚危機がある! と噂されているのですが、実際にはどうなのでしょう。

まずは、奥さんである柴田倫世さんについて少し触れておきます。

柴田倫世 プロフィール

名前:松坂倫世

出身地:福岡県

生年月日:1974年12月23日

最終学歴:慶應義塾大学法学部政治学科

職歴:元日本テレビアナウンサー

高校時代にアメリカミズーリ週に1年間留学した経験があるとのことです。

アナウンサーだけでなく、その美貌を生かし、モデルのような活動もされていました。

2000年に松坂選手と出会っています。松坂選手がプロ活動を始めて1年目のシーズンが終わった時に柴田倫世さんが松坂選手をインタビューし、そこから交際へ発展していったとのことです。

2004年に二人はご結婚されました。歳の差は6歳です。

そんなお二人に離婚危機の噂が流れたのはどんな理由だったのでしょうか。

松坂選手が2015年に日本復帰をした後も、家族はボストンに残っています。これは、柴田倫世さんが、子供の教育には、ボストンでの環境がより適していると考えたからとのこと。

ボストンは全米ナンバーワンの教育制度が整った街なので、そう考えるのも仕方ないですね。

子供達はみんな英語の方が得意だとのことで、ごもっとだと思います。

しかし、子育て命、夫より子供、といった姿勢が、帰国後の松坂選手の不調ということもあったので、ファンにはネガティブに受け止められることもありました。

こうした報道から、松坂選手が離婚するのでは、という噂が流れたようです。

しかし松井選手は、2018年のオールスター中間発表で1位になっているくらいですので、そういった危機はないのではと言われています。

スポンサーリンク

松坂大輔の子供時代はどんな風?

離婚の危機はなさそうだと分かりホッとしますが、子沢山の松井選手自身の子供時代はどんな様子だったのでしょうか。

特に彼がどんな家庭環境で育てられたのかに注目されているようです。

少し詳しく見て見ましょう。

松坂大輔の親の考え「子育ては夫婦で」

松坂家の子育ての哲学のひとつは、『子育ては夫婦で』というものだったとのことです。

松坂選手の父親は、早番勤務を希望し、午後3時には帰宅し、保育園に夫婦交代で迎えに行き、その後暗くなるまで、父と子で外で遊んだそうです。

うちでは絵本を読んだり紙芝居を読んだりもしていたそうで、夕飯も皆んな一緒にとるという徹底ぶり。これが松坂選手が高校になるまで続いたそうです。こんな親子の時間が松坂選手を人間として育てたと言えるでしょう。

松坂選手の父親が口癖のように繰り返し子供に伝えたことは

「嘘はつくな」「友達を大事にしろ」「人前で泣くな」

といったことだったとのこと。

これが松坂選手が今でも子供の頃からの野球仲間を大切にしているということで、現在に至る友好関係の豊かさにも繋がっているようです。

なんとも素晴らしい考え方ですね。

松坂大輔の運動能力はどこから?

内面的な部分を大切にされた両親とのことですが、体の面でも松坂選手の子供時代は恵まれていたと言えます。

松坂選手は5歳の時から小学校3年生まで、剣道塾に通っていました。

これは礼儀の厳しい武道教育、という意味だけではなく、体力と精神力を鍛えるためだったと言われています。

松坂選手が通っていた「福住剣友会」は、今でも地元でも非常に厳しい道場塾として知られているそうです。

ここでの教育が、のちに野球でも生きてくる強靭な精神力の元になったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

松坂大輔プロフィール

最後になりましたが、松坂選手のプロフィールをまとめておきます。

名前:松坂大輔

出身:東京都

生年月日:1980年9月13日

身長:183センチ

体重:93キロ

プロ入り:1998年ドラフト1位

出身校:横浜高等学校

松坂大輔子供と話せないは本当?子供時代の過去も調査

いかがでしたか?

松坂選手が子供と話せない、という噂は、子供達が英語で会話をするので、英語が苦手な松坂選手との会話が難しいということでした。子供達は日本語学校に通いこれを解消しようとしているとのことです。

奥さんとの離婚危機の噂については、奥さんが教育熱心で松坂選手が帰国後もボストンに残ったことが、その噂の元となっているようで、実際は問題がなさそうでした。

また、松坂選手の子供時代については、両親の方針で、精神的にも体力的にもしっかりと鍛えられたということです。

これからもまだまだ活躍を続けて欲しいと思います!

スポンサーリンク